本文へスキップ

営業促進ビジネス事業部は、新規開拓に使える効果的営業ノウハウを提供している専門の事業部です。

更新

新規開拓で簡単に「飛び込み訪問」が出来る営業方法



飛び込み訪問が恐くて苦手だと言うあなた、
ドアを開けてもらえるインターホン攻略を 知りたいと言う方へ!
簡単にドアを開けさせる方法、あります!
 


■ 玄関前に行ってもチャイムを押さずに帰ったことはありませんか?
■ 訪問先を何度も素通りしてしまうこともありませんか?
■ 相手が居るのが見えていても恐くて訪問するのをやめた事ありませんか?
■ 相手が出てくる時、ドキドキして緊張してしまうことはありませんか?
■ 相手を見て話す言葉が違っていませんか?
■ なぜ出来ないんだろうと自分を責めていませんか?


いかがですか。
ひとつでも該当する方は自分に自信が持てず、情けないと思っているかも知れませんが、そうではありません。

誰でも訪問する時は恐いという思いもありますし緊張感もあります。
ただ、その思いに対して強い意志と実行力を持って行動できる人間がどれだけいるのかと言うことです。

自分だけが出来ないと思っているのかも知れませんが、そんなことはありませんのでご安心ください。

もう一度言います。
出来ないと思っているのはあなただけではありません。

皆さんのほとんどがそう思っているのですから大丈夫です。
きっと、自分に自信を取り戻して明日から生き生きと仕事が出来るようになります。

では、実際にどうすれば飛び込み訪問が出来るようになるのか、そして初心者でも出来るようになるのか、その問題に対して実例を出しながら説明して行きたいと思います。

それでは飛び込み訪問に対して一番問題になる「恐い」と言う心の問題から説明していきます。

人はなぜ飛び込み訪問が「恐い」と思うのでしょう?

下の項目に当てはまるのがあるか、あなたもチェックして見てください。

□ 相手からあなたに対して包丁を突き立てられたり、脅された事でもありましたか?
□ 相手から「ばかやろう」と言ったように一方的に怒られた事でもありましたか?
□ 相手から「ふざけんな」と言って叩かれたり、殴られた事でもありましたか?
□ 相手から物を投げつけられたり、水をかけられたりした事でもありましたか?


いかがですか、
この中に当てはまる項目はありましたか?

もちろん、無いですよね。

では、何に対して「恐い」と思っているのか、あなたはお分かりになりますか?

答えは簡単です。

シンプルに、それは「訪問した相手から断わられるのが嫌だ・・」
と言う気持ちがあるからです。

人は相手から否定されると自分が拒否されたと思い自己嫌悪に陥ってしまいます。
つまり、訪問する相手から「断られたらどうしよう・・何と説明したらいいだろう・・」と考えてしまうために次の行動に移せないのです。

先ほども説明したように、あなたに対して「罵声」を浴びせたり、暴力を振るう訳でもなく、包丁で刺されることもありません。
ですから、何も恐いものは無いのです。

胸を張って、堂々と訪問すれば良いのです。

売れる営業テクニックは誰でも持っています

それでは次に、
「あの人だけ成績が良いのは何か特別なテクニックを使っているからだ」とか、「あの人だけは特別なんだろう」とひがみっぽく思ったことってありませんか?

どこの会社にも成績優秀な営業マンがいると思いますが、それではその優秀な営業マンは、みな特別な才能の持ち主なのでしょうか?

いいえ、あなたとまったく変わらない普通の営業マンです。

「だって自分よりいつも成績が良いのは、何かテクニックがあるからじゃないの?」

いえいえ、まったくあなたと同じ営業方法しか使っていません。
同じ営業方法なのに、両者で成績が違うのはなぜだかお分かりになりますか?

それは努力の積み重ねが違うからです。

努力している人は結果も違います。
そして自信も違います。
自信からかもしだすオーラが他の人よりも全然違うのです。

並みのオーラではありませんから、その人が語りかける言葉も「魅力ある言葉」に聞こえて来ますから、相手も自然とその人の言葉を受け入れてしまうのです。

「自分も努力しているんだけど・・・」とおっしゃる方もいるでしょう。

ですが、努力の度合いが違うのです。

飛び込み訪問すると決まって断りの連続になりますから、気分転換に少し休憩しようか、あるいはこの地区は見込みが無いからあっちの地区にしようと考えたことあると思いますが、成績優秀な営業マンはここが違うのです。

たとえ断られても
…………………………………………………
(1)さわやかに挨拶してその場から去ります。
(2)その時の去り際の言葉は、
お話し聞いて下さいまして有り難うございました。機会がありましたらその時は宜しくお願いします。失礼しました。
(3)そして次の訪問先にすぐ向かいます。
…………………………………………………
これが断られた時の違いですが、あなたは断られた時どう行動していますか?

必要ないと言われた時に心の中でがっかりしていませんか?
人の心は顔に出ると言いますが、このような時にも出るのです。

断られた時の嫌な思いをそのまま次の訪問先に引きずっていても、良い結果は得られません。

ましてや休憩したり場所を変えたりと、時間をムダにしてしまうと訪問件数が少なくなるのは当然です。

出来る営業マンは時間から時間まで決めた通りに訪問しています。
つまり、断られる件数が多くても話しを聞いてくれる先に当たる確立は訪問件数に比例しますから、毎日の積み重ねで1ヶ月に換算するとあなたよりはるかに多く廻っているのです。

ここが、成績優秀な営業マンと言われる由縁です。

もう一度あなたに訊きます、
あなたはいくら断られようとも時間から時間まで廻っていますか?

そんな飛び込み訪問で苦労しているあなたでも、毎月安定した契約が取れる「売れる営業テクニック」のひとつがこれです。


(1)多くのお客さんに会って下さい。
訪問した数だけ「成約になる数」も入ってますので廻る件数が大事です。
(2)断られても次につながる去り方をして下さい。
今回は話しを聞いてくれなかっただけで次は聞いてくれるかも知れませんから、感謝の言葉を残します。
(3)自分で時間を決めてその時間はひたすら訪問して下さい。
人間は感情で左右されてしまいますから、自分で足かせをかけて強制的に廻らすようにします。


いかがですか、
何も特別な営業テクニックではありません。

感謝の気持ちと訪問件数が増えれば誰でも成績優秀な営業マンになれるのです。
成果は訪問した件数に比例する」と言われているのはこの理由があるからです。

ですから毎日の積み重ねを続けてください。
積み重ねることで営業のテクニックや営業スキルが自然と身に付くのですから、口べたでも青臭くてもどんどん訪問して行くことが大事なのです。

しかし、そうは言っても・・・ 気持ちを強く持てないので、 小心者でも気軽に出来る 営業ノウハウが欲しい・・・
飛び込み訪問はいかに軒並み訪問出来るかで結果も違って来る訳ですが、そこは人間ですから、出来る人もいれば出来無い人もいます。

なにしろ、門構えの立派な家に行けと言われても、足がすくんで思うように行かないこともあるからです。

そこで、誰でも気兼ねなく、軒並み訪問出来る方法があったら、苦労しないと思いますが、いかがですか?

ご安心下さい。

そんな苦労しているあなたのために、堂々と飛び込み訪問が出来るノウハウをご紹介しましょう。

それでは、ご覧下さい。

■INDEX………………………………………

▼《 飛び込み訪問に使える営業マジック
 --------------------------------------
 1、これだけで、インパクトを与える方法
 2、軒並み訪問は、こうすればいい。
 3、あなたの匂いを残す方法
--------------------------------------

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 ┃ これだけで、インパクトを与える方法
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━

飛び込み訪問で使える営業マジック=「小道具」をご紹介しましょう。

その前にあなたに質問です。

ある会社に営業しに行きました。
社長に会って話しをしたかったのですが、あいにく外出中で不在です。
さて、この時あなたが取る行動は何番でしょう?

(1)事務員にパンフレットと名刺を渡して来た事を社長に伝えて貰う。
(2)事務員にパンフレットと名刺を渡して後で電話する旨、伝えて貰う。
(3)事務員に名刺だけ渡して帰社時間に合わせてもう一度寄る事を伝える。


▼さあ、あなたの行動は何番?

正解は、その時の状況に合わせて、対応を変えなくてはいけませんから、
どれも当てはまる行動になりますが、もちろんこれ以外にもあります。

そこで相手が不在の場合、パンフレットを置いてくる時に使えるテクニックです。

それが「封筒」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

通常パンフレットを入れる封筒は「長形3号」と言って、A4サイズの紙を3つ折りしたのが入る大きさです。

このサイズが最も流通量も多く、安価に利用しやすい為に皆さんの会社でも利用されていると思いますが、いかがですか。

飛び込み訪問で使うパンフレットもA4サイズの紙を「3つ折り」したものが多いのはこう言った理由もあるんですね。

そこで、この封筒を使った「営業マジック」の出番です。
…………………………………………………

安価に済ませる事が出来るからと言ってどこの会社でも使っているような封筒では「差別化」することは出来ません。

新規開拓で使う封筒ならなおのことです。
定形の封筒では大きさも見慣れているのでインパクトもありませんよね。

つまり、見慣れた封筒では営業のパンフレットが入っているんだろうと思われて、中も見られずに捨てられてしまうことが多いからです。

会社のパンフレットとは言えタダで作っている訳ではありませんから、1軒の訪問で使う営業ツール(名刺、パンフレット、封筒など)は、50円〜100円程度掛かっているはずですから、それを読まれずにゴミ箱行きではたまったものではありません。

そこで、封筒だけで相手にインパクトを与える方法です。
…………………………………………………

封筒は何も定形しか使ってはいけないと言う決まりごとはありませんから、封筒の特徴を使って相手にインパクトを与えるようにします。

多少値段も上がりますが、それでも新規獲得に大きな「戦略」になるとしたら、封筒の値段なんてたかが知れています。

それでは、どのような封筒が良いのかと言いますと、
…………………………………………………
お勧めするのは角形6号の封筒です。
…………………………………………………

なぜ角形6号なのかと言いますと、A4サイズの紙を「2つ折り」したのがすっと入る大きさだからです。

よく、チラシやニュースレターなどもA4サイズのコピー用紙を使っていると思いますが、それを3つ折りでは無くて半分に折って入る大きさですから、広げた時に見やすいと言う利点があるんです。

そして一番大きな理由は、「中途半端な大きさ」と言う点です。

人はきちっとしないと気が治まらないと言う方も多いので、中途半端なものを見ると「これは何?」と言って見る人が多いんですね。

その「習性」を利用したのが見慣れない大きさの封筒なのです。

たかが封筒、されど封筒、使い方ひとつであなたの新規獲得に大きな戦略になるとしたら、あなたはまだ捨てられる定形封筒を使い続けますか?

もちろん、選ぶのは自由です。

試しに色んな大きさの封筒を使って見るのもマンネリを打開する意味で面白いと思いますよ。

どうぞ、お試し下さい!

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 ┃ 軒並み訪問はこうすればいい。
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
飛び込み訪問の極意は軒並み訪問です。

業種によっては軒並みと言う訳には行かない会社もあるでしょうが、それでも訪問出来る先なのについつい選んでしまうと言う経験、あなたもありませんか?

そこで、誰でも簡単に軒並み訪問が出来る方法です。

あなたが軒並み訪問している時にためらうとしたらどう言ったケースですか?
家の外見?門構え?犬がいる、いない?セールスお断りのシール?敷地の大きさ?

どれも見た目で判断してしまいがちですが、でも、それが断られる基準にならないと言うことは誰でも理解出来ますよね。

分かっていても何となく訪問しづらいために、そこを飛ばして次の家に行ってしまうと言う繰り返し・・・何とかならないでしょうか?

ご安心下さい。

どうしても軒並み訪問が出来ないと言うあなたのために、簡単に出来る方法があるからです。

その方法は、こちらです。
ご覧下さい。

★。・:*:.・★,。・:*:.★。・:*:.・★,。・:*:.・★,


 ☆☆ 軒┃並┃み┃訪┃問┃は┃こ┃の┃方┃法┃で┃!┃ ☆☆
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

■(1)ブロックで分けて訪問する(個人宅の場合) 

今日はこの地域を廻ろうと決めた時に、その地域を“一帯”として考えるために、どうしてもえり好みしてしまいます。

そこで、地域単位で考えるのをやめてもっと小さな単位で考えるようにします。

その方法が《 ブロック訪問 》です。

訪問地域を小ブロックで分けて訪問すると言う方法です。

例えばその地域のひと区画だけ全部回るんだと決めます。
ひと区画ですから、せいぜい10数軒程度のブロックです。

その区画は全部回ると決めて、1軒1軒ていねいに廻ります。

先ほどの地域単位とこのブロック単位では、どこが違うのかと言いますと、「危機感」がぜんぜん違うと言うことです。

つまり、地域単位で考えると1軒くらい訪問しなくても大丈夫だろうと自分で勝手に自己解釈してしまい、ずるずる飛ばしてしまうようになるんですね。

それがブロック単位になると件数も決まってますから、選んでいると廻る件数が無くなってしまい選んでいられないと言う危機感が出てくるんです。

さらに、1ブロックを回り終えると「達成感」が出てきます。
これも大事な点です。

長く続けられるコツはひとつひとつの区切りに対して、達成したと言う自己満足が必要です。これが無いとモチベーションが続かないからです。

達成=充実感があると次に向かう気力も出て来ますから、それには小ブロックごとにすぐ結果として体感することが大事なのです。

これがブロック単位で考えたメリットです。

後はブロックごとに順次、制覇して行けば、最終目標であった地域単位の訪問を制覇することが出来ます。

■(2)訪問先が限られている時の方法(例:会社) 

会社などをターゲットにする時は、どこの会社に行くのか会社ごとに調べると言う方法もありますが、住宅地図を使って軒並み訪問すると言う方法もあります。

例えば、市販の地図では会社名やビルの入居者まで書かれていませんから、地図業者が発行している「住宅地図」を使います。

そして訪問する予定の地区ページを広げて、そのページに書かれている会社と言う会社にマーカーで色を塗ります。

あとは現地に行ったら、色が塗られている会社を隅から隅まで訪問して行けば良いだけです。これは事前に色が塗ってあることで、一目で会社の存在が分かりますから、迷うことなく訪問することが出来るからです。

ところが、地図上で色を付けただけですから、その会社が大きいのか小さいのか、どんな会社なのか判断出来ない為に現地に行って見たらこんな大きい会社なの?と驚くこともよくあります。

そうすると、また“えり好み”が始まって「大きい会社だから言っても無駄だろう」と自分で勝手に解釈してしまう恐れがありますから、それを防ぐ方法が必要ですよね。

ご安心下さい。
えり好みを防ぐ簡単な方法がありますので、それをご紹介しましょう。

その方法と言うのが、地図に色を付けたと同時に、今日廻ると決めた会社を廻る順番を考えながら、先に日報に書き込んでしまうのです。

あとは日報に書いた通りに訪問するだけです。

つまり、今日廻る所を事前に決めて、後はその通りに廻って行くような「強制的に訪問する仕組み」を作ってしまうのです。

どうしてもえり好みをしてしまうと言う方は、自分を「強制的」に廻らす仕掛けが必要だと思いますが、いかがでしょう?

意志が弱いと言う言う方もこの方法は使えますから、一度試して見ることをお勧め致します。

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 ┃ あなたの匂いを残す方法
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━

2回目の訪問や見込み客を訪問した時に使えるワザです。

アポ無しで訪問したりすると相手も出かけていたり、会議中と言うことで会えない時もありますよね。

そこで来訪したというメッセージを残すために、よく名刺の表や裏に一言書き残して受付の方に手渡す方も多いと思いますが、その程度では「あっ来てたの・・・」と言う感じで終わってしまい、印象も残りません。

そこで同じ書き残すなら、もっとインパクトある残し方をするようにします。

そんな時に使えるのがこの方法です。

用意するのは「メモ帳」です。
大きさはシステムノート位の大きさであれば大丈夫です。


▼そして一枚切り取ってこう書きます。
…………………………………………………
本日は○○様に耳より情報をお持ちしたのですが、ご不在と言うことでお会いできませんでした。
近々また顔見せにお伺いしたいと思います。
その時新しい情報をご紹介出来ると思いますので、宜しくお願い致します。

○月○日
○○会社担当 ○○
…………………………………………………
これを名刺と一緒に相手に渡してくれるようにお願いするだけです。

相手も手書きのメモを見ると本当は会っていないのに、実際に会って話しをしたような錯覚になりますから、これがこのメモを使ったワザです。

これだけで次の商談もやり易くなるのでしたら、使わない手はありませんよね。

あなたも実践して見ては、いかがでしょうか。

断りトークで恐いものなし!

あなたは今まで「必要無いなら断ってくれ!」と言うスタイルを取ったことありますか?

最初から「必要無いなら断ってくれ」と開き直ると以外と成功することもあるんですが、それは、「断りトーク」がなせるワザだからです。(心学から応用)

今までは相手に何て説明したら話しを聞いてくれるだろう?とか、嫌な顔をしないで聞いてくれるだろうかと言ったように、相手の顔色を伺いながら恐る恐る営業して来たと思いますが、そんな営業とも今日で終わりです。

それは「必要無いなら断ってくれ」と言う「断りトーク」があるからです。

なぜ「断ってもいいから」と前フリを入れるだけで成功するのか、その秘訣をあなたにも教えてあげましょう。

※一般家庭に訪問した時の例を出します。

■以前、私が使っていたトーク

わたし「こんにちは、
○○会社の○○と申しますが奥様でいらっしゃいますか?」

奥様 「何の用ですか?」

わたし「はい、
この地区を担当する事になりましてご挨拶に回っているのですが、
○○について興味ある方にご案内しておりまして、1、2分ほどお時間よろしいですか?」

奥様 「その件でしたら必要ありません。」

わたし「・・・・・・・・・」


今まではこのような感じで次に話す言葉が出る前に会話が止まっていました。

このような入り方しか出来ずに何とか訪問を続けていたのですが、さすがに断られる件数も多いため、次第にサボるようになったのです。

さすがにこれではダメだと思い、開き直りの心境で思い切った「断りトーク」を出したところ、これが面白いように奥さん連中を動かすようになったのです。

★これがその時のトークです。

わたし「こんにちは、
○○会社の○○と申しますが奥様でいらっしゃいますか?」

奥様 「何の用ですか?」

わたし「はい、この地区を担当する事になりまして○○についてご挨拶に回っているんですが、
もし、奥様の方で必要無いと言うことでしたらこの場で断って頂いてもかまいません。

その判断は奥様にお任せしておりますのでご安心下さい。
1、2分だけ説明させて頂きますので宜しくお願い致します。」

奥様 「はい・・・」


いかがですか、
この切り口がどれだけ効果あったのか、ポイントを説明しましょう。


(1) 必要なければ断ってもいいですよと最初の段階で言っておく。
(2) その判断は奥様に決定権があるから安心ですよと意識させる。
(3) 1、2分だけ説明させて頂くので宜しくお願いします、と言い切ってしまう。


この3点が今まで以上の成果を上げる成功への「切り口」になったのです。

ここからがこの飛び込み訪問の面白いところです。

一度うまく行くと相乗効果で乗りにのって行く自分が分かりますから、これほど仕事をしていて楽しいと思ったことがありませんでした。

今まで新規を獲得するのが大変だったと言うのが信じられないくらい「簡単」に契約を取ることが出来たので、自分でもビックリです。

みなさんもお分かりでしょうが、最初にうまく行くかでどうかで次の「展開」が全然違ってきますので、最初が肝心なのは言うまでもありません。

そして最初のトークが成功したら「次の段階」に進む訳ですが、次の展開にも使える「コツ」があります。

せっかく相手が話しを聞いてくれることになったのですから、この勢いで相手との交渉を有利に進める「コツ」をご紹介しましょう。

引き続き個人宅に訪問した例で説明します。

あなた「今回お伺いしたのは○○について、
興味持っていただける方にご案内しておりまして、奥様の方では○○についてお話し聞かれたことはありますか?」

奥様 「いえ、それほど興味あると言う訳じゃないので・・・」

あなた「そうですか、
これだけの商品は他に比べてもありませんし、喜んで使って下さる方も増えておりまして、皆様には自信持ってお勧めしているんですが、奥様も方でもいかがですか?」

奥様 「そうね〜主人と相談して見ないとわからないから後でね・・・」

あなた「そうですか〜ご主人は帰り遅いのですか?・・・
宜しければご主人にもお話しさせて頂くとありがたいのですが、」

奥様 「あ〜いいのいいの、私が話しておくから、後で考えておくからね。」

あなた「そうですか〜分かりました。
それでは宜しくお願いします。 
失礼しました。」


こんな感じで終わることも多いですよね。

このトークが失敗しているパターンは一方的に説明していると言う点と、その場で決断させていないと言う点が成約に至らない大きな欠点です。

では、どうすれば解決するのか?
こちらのトークをご覧ください。

わたし「今回お伺いしたのは、
○○について興味ある方に○○について、もう少し詳しく知りたいとか、こうような場合どうなるの?と言ったような気になる点をお話ししていたんですが、奥様も気になる点はございませんか?」

奥様 「それほど興味あると言う訳じゃないし・・・」

わたし「そうですよね、
ただ、この(  )は他に比べてここの部分がいいよねと言う方も多くいらっしゃるんですが、奥様もこうなるといいかなと思いませんか?」

奥様 「そうね〜・・こう言った場合はどうなるのかしら?・・・」

わたし「それでしたらこのような形になりますので、安心してご利用いただけるようになっています。
皆様にも好評頂いておりますのでご心配いりません。
もし、お困りのことがございましたら、私までご相談して頂ければすぐ対応しますので安心です。
問題無いようでしたらこちらにサインお願いしたいのですが、よろしいですか?・・・・
ありがとうございます。」


このような流れで説明すると契約までスムーズに行くことも出来るようになります。

それでは、この時の成功したポイントを説明しましょう。


(1) 相手に質問を与えて答えやすいように話しを持って行く。
(2) 他にも大勢の人が利用していると言う安心感を与える。
(3) 最後に「問題無ければサインを」と相手にその場で決断させている。


このようなポイントを押さえるだけでトークにも余裕を持って説明する事が出来ますから、今までのように緊張するようなことも無くなりますし、余裕を持って仕事をすることが出来るようになります。

今まで飛び込み訪問が「どうしても嫌だ」と思っている方でも、コツさえ分かれば簡単に新規が取れるようになります。

そして飛び込み訪問をしている営業マンは、毎日の様に相手方に訪問してくる訳ですから、あなたが訪問しなくても他社の営業マンが、あなたが新規にするであろう新規顧客を奪い取ろうとしているのですから負けてはいられません。

そこで、今回は色んな業種の営業事例などをご覧頂きながら、ご自分の営業方法に参考にして見てはいかがでしょうか。

■飛び込み訪問で「浄水器」を売るトーク
訪問販売で売りにくいと言われている浄水器ですが、それでもトークの仕方によっては話しを聞いてくれる人はいます。そのコツを知っているかどうかで成功するか、それともお断りの連続に遭って落ち込むのかは、あなたが使う営業トーク次第です。

そんなあなたの為に浄水器を売るトークの見本を用意しましたので、使えるかどうか試して見てはいかがでしょう? 
あなたの判断にお任せ致します。

もし使えるのなら、自分なりにアレンジして見てはいかがでしょう、

では、お待ちかねの「浄水器訪問販売に使える営業トーク」です。

ご覧下さい。

…………………………………………………

営業「こんにちは、○○会社の○○ですが、
社長さんいらっしゃいますか?」

社長「何の用?」

営業「社長さんですか?」

社長「ああ、何の用なの?」

営業「お世話になります。
わたくし○○会社の○○と申しまして、
新しい浄水器としてイオンはもちろん、活性化されたおいしい水を24時間いつでも飲むことが 出来る新商品が出たんですが、
只今キャンペーンを行っておりまして、
1週間の無料体験として実際に浄水器を取り付け体験して頂くと言う企画なんですが、
もちろん無料ですから、一切お金かかることはありません。
説明するよりも体験して頂いた方がどれだけ美味しい水なのかお分かり頂けると思います。
皆さんの健康も考える為にも、一度無料体験して見ませんか?」

社長「ああ、浄水器ね、
おたく前にも来てたよね。
うちの事務員から聞いてなかった?」

営業「どの様なことですか?」

社長「うちはそんなに人数もいないし、今の水道水でも気にしてないから必要無いと言ってたんだけどね・・・」

営業「そうですか、
よく言われているのが
・値段が高いとか、
・本当に効果あるのか分からないと言う事なんですが、
浄水器は一度設置した後は、フィルターの交換だけで半永久的に 使えますから、実際の負担は少ないですし、効果については飲み比べて頂ければすぐ分かると言う程の違いがあります。
それだけ“水道水とは違う”と言うことなんですね。
それに人間の体の多くは水分で出来ていますから、水の大切さはとても重要なんです。

もちろん、無料体験をしたからと言って契約してくださいと言うことはありませんから、ご安心下さい。
無料体験は水道水との違いを実際に体験する事によって正しい判断をして頂くために行うものですから、今回で決めて頂くと言う事ではありません。
ご自宅用にも参考になると思いますから、この機会にどれだけ水の違いがあるのか体験して見ませんか?」

社長「そうだね、
そう言う事であれば今回やって見ようかな。」

営業「ありがとうございます。
取付はスケジュールを確認してからとなりますが、明日の予定でも大丈夫ですか?」

社長「ああ、いつでもかまわないよ。」

営業「ありがとうございます。
では会社の方に確認して見ますので・・・」

…………………………………………………

いかがですか、
トークの流れはある程度決まっているようなものですが、それでもポイントを掴んで話しをすることが出来るかで展開も変わって来ます。

そのポントを理解していないと応用に移すことも出来ないからです。

そして、この場面でなぜこの言葉が必要なのか、この時に切り出すのはどんな意味があるのか、この具体的な意味を理解していないと自信を持って会話をすることは出来ませんよね。

詳しい解説は営業スキルアップ教材の中で説明しておりますので、ご期待下さい。

いかがですか、
浄水器を売る営業トークは参考になりましたでしょうか?

それでは、その他の事例もご覧下さい。



 ■社長に会わずに、コピー機を売る方法!
コピー機や電話機、コーヒー設置器など「事務所」に関する営業やOA機器関係も含めたセールスに役立つ内容です。

この仕事に関係する方であればお分かりになると思いますが、同業他社も多く事務員のガードが堅いのが現状です。

ですが、この方法を使えば目的とする社長に会わなくても契約することも出来るようになります。

では、その方法は何かと言うと、用意するのは『お茶菓子』です。

これだけで同業他社を押さえて契約することが
出来るようになります。

なぜ契約出来るのかと言うと、
基本的に事務所にいる時間が一番長いのは社長ではありません。
事務員ですよね。

そしてコピー機を一番使うのも社長ではありません。
「事務員」です。

つまり、事務所に関係することで一番影響があるのは社長ではなく・・・
この続きはスキルアップ教材の中に掲載しております。


 ■マイラインを違ったトークで、勧める方法!
営業の電話がかかってくる「ベスト1」と言うとマイラインのセールスがあります。
色んな代理店から毎日のように電話がかかってきますから、あまりにも多すぎて仕事にならないと嘆いている事務所もたくさんあります。

「通信を今より安く出来ます」と言う話しは耳にたこができるほど聞いてますから、
「その話しなら間に合ってます、必要ありません」とすぐ切られてしまいます。

では、どのように話しをしたら聞いてくれるようになるのかと言いますと、安くなるメリットはいくらでも聞いてますから、反対に「デメリット」の部分を教えてあげると言った逆の方法を取っていきます。

例えば、「NTT以外の通信回線(電話の権利を休止扱い)に切り替えた場合、タウンページやハローページの無料配布が無くなりますので会社や商売している方は電話帳が見られないので仕事に支障が出る懸念がありますよ。」

このようなデメリットを話しの中に入れると、また違った展開に進ませることも出来るようになります。

それに現状で言えば、すでにマイラインを回線に設定している方がほとんどですから、新たに違う先に替えるとなると「料金が安くなる」以前よりも、手間の方が面倒だと思っている方が多いため、いくら料金が安く出来ると説明しても嫌われるだけなんですね。

そこで、どのように説明するのかと言いますと・・・・
この続きもスキルアップ教材の中に掲載しております



 ■リフォームの契約が、簡単に取れる方法!
お客さんがリフォームをお願いする時は、どの業者に依頼するのか、「判断基準」がどこに
あるかお分かりになりますか?

多いのは「タウンページ」の業種欄を見て電話したりとか、もしくはチラシが入っているのを見て電話をかけてくると言ったパターンも多いようですが、しかし、電話がくるのを待っていても新しいお客さんが増えませんから、こちらから攻めて行かなくてはなりません。

それでは、どのようにしてお客さんを見つけたら良いのかと言いますと、

(1)チラシを作成してポスティングする。
(2)地域を決めて手当たりしだいに飛び込み訪問する。
(3)電話帳からテレアポを仕掛ける。


以上の3点が基本的な営業方法になりますが、普通のやり方では他社と差別化できませんから、もうひと工夫する必要があります。

例えば、(1)(2)(3)を組み合わせて訪問する地域にチラシを配りながら、問い合わせしてくる見込み客と、これからなるであろう「潜在客」を開拓すると言う方法です。

■そこでキーポイントになる「チラシ」について工夫して見ましょう。
内容はこうです。

…………………………………………………
(1)リフォーム専門の○○会社です。
今住んでいる間取りを替えたいとか、暗い雰囲気の部屋を明るくしたいと考えている方にご希望通りのリフォームをしております。
特に子供部屋を明るくしたいと考えている奥様が多くいらっしゃいます。
それには「理由」があるからなんです。
(2)子供部屋が暗いと子供の目に悪いため、今より部屋を明るくしたいと願う親心はどなたもお持ちです。
やはり環境作りが子供には大事だと言う事になるんですね。
(3)そこで・・・・・・・・・・・
この続きはマニュアルの中に掲載しております。
…………………………………………………

この実例は私と同じよう契約が取れずに苦しんでいた時、ちょっとしたキッカケで簡単に新規が取れるようになったヒントが分かりやすいように「解説付き」で説明しておりますので、かなり参考になるものです。



 ■会社の受付を「攻略」する方法! 
会社訪問する時にネックとなるのが受付です。
これは証券営業に限らず、どの営業でも同じ問題ですから、如何に受付を攻略するのかが最初の仕事になります。

▼例えば一般的な受付はこのような感じす。
…………………………………………………

営業「こんにちは、○○証券の○○と申しますが、社長様いらっしゃいますか?」

受付「お約束は取ってましたか?」

営業「いえ、この地区を担当する事になったものですからご挨拶にお伺いしたのですが・・・」

受付「お約束が無いと取り次ぎできませんが・・・」

営業「そうですか〜それではこの資料だけ渡しておいてくれませんか、後で連絡しますので宜しくお願い致します。 失礼しました・・・」

…………………………………………………

今までのパターンはこの様な感じではなかったですか?
これではいつまでたっても社長と会うことは出来ません。
そこで、違った展開から攻めていく方法がこちらのトークです。
         ↓↓↓
…………………………………………………

営業「こんにちは、
わたくし○○証券の○○と申しまして、
今日はお約束ではないんですが、業績アップにつながる新しい情報が出たものですから、社長様にお知らせしたいと思いまして、急きょお伺いしました。
時間はかかりませんので社長様お願いできますか?」

受付「少々お待ち下さい・・・」

…………………………………………………

いかがですか、
このような入り方であれば次の展開に持ち込めるようになります。
ポイントは、相手に有益な話しであると思わせることで断られなくする方法です。

新しい情報の内容はインターネットからでも幾らでも拾うことが出来ます。
会える為の作戦ですから会ってしまえばこちらのものです。

相手に何かしらの情報を与えて自分が役に立てる存在として認めさせることが出来れば、第一関門は成功したのも同然です。

後は顔見知りになることで、次の訪問もしやすくなりますよね。

受付でいつも断られている時は参考にしては如何でしょう。


 ■保険営業にも使える、新しい営業フォロー!
…………………………………………………
営業「この地区をご挨拶で回っておりまして、
新しい保険についてご案内しているんですが、
少しだけお時間よろしいですか?・・・」
…………………………………………………

と言ってすんなり話しを聞いてくれる人はなかなか居ません。

100件では見込みが薄いので「よし、200件廻ろう」と意気込んでも結果を残すのは大変なものです。

保険営業と言うのはそれだけ今すぐ必要とする商品ではありませんから、200件訪問してようやく話しを聞いてもらえたと思っても、次の課題があるのです。

それは、
話しを聞いて貰ったのはいいけれど、次はどう攻めたら契約まで持って行けるのか?・・・
と言った点が皆さん苦労している所ではないでしょうか。

■さあ、あなたならこの後どんな行動を仕掛けますか?
          ↓↓↓
(1)さっそく新しい保険のプランを持って行く
(2)生年月日を聞き出して設計書を持って行く
(3)ニュースレターを持って行き関係を作る
(4)粗品を持って行く関係を深める
(5)適当な話題を持って会いに行く

どれも皆さん実行している内容だと思いますが、この方法ではすぐ手詰まりになってしまいませんか?

(1)の保険のプランを持って行くと言うのは、契約を取りたい気持ちは分かりますが、よほど「今すぐ契約したい」と言う方以外は効果ありません。

あなたも経験ありませんか?
プランを持って行ったのはいいが、その後の返事が無い・・・
もしくは、考えておくから・・・の一言で終わってしまうこと・・・

(2)から(5)は手間がかかる分、それなりの関係を作ることは出来ますが、それに要する時間や労力、お金などもかかりますし、その間新規開拓する時間も減りますから、スケジュール管理も大変です。

そこで、このような問題点を解決する新しい営業方法(フォロー)を確立することが出来ました。

▼「新しい営業フォロー」の内容は、
(1)費用はほとんどかかりません。
(2)天候に左右されること無く確実に相手のフォローが出来ます。
(3)相手の信頼関係を確実に築くことが出来ます。
(4)相手にあなたの想いをいつでも届けることが出来ます。
(5)あなたが選んだ相手全員を簡単にフォローすることが出来ます。

この新しい営業フォローは誰にでもすぐ実践出来る方法ですし、難しいことはありません。

始めたその日から効果を発揮し、あなたの行動範囲に余裕持てるようになりますから、今までのように訪問しても相手に会えないと言ったような振り回されることも無くなります。

つまり、自分のペースで仕事が出来るようになりますから、昼食後のコーヒーもゆっくり味わえるようになると言うことです。


▼ QRコードを使って、差別化を!
皆さんもご存知の「QRコード」ですが、これがあなたの仕事にも使えます。

それも無料でQRコードを作れますので、オリジナル営業ツールとして活用することが出来ますから、差別化するには最適な武器になるんですね。

使い方は簡単です。

色んな場面にも使えますし、1人に1台携帯電話を持っている時代ですから、アピールするには格好の営業ツールになります。

あなたもQRコードを使った最新の営業方法を活用して見ませんか?

詳しい内容については営業スキルアップ教材の中に掲載しております。

そして、このノウハウを活用するあなたは今までの苦労からすっかり解き放され、気持ちよく仕事をしている自分自身に心の底から「喜び」を感じるようになるでしょう。



 ■この他にも、
1 飛び込み訪問する前に「訪問リスト」の作り方
2 訪問に使う効果的な「営業ツール」とは
3 飛び込み訪問する前に、気持ちの整理をする訳は?
4 飛び込み訪問が「恐い」と思うのはなぜ?
5 飛び込み訪問に使う営業トーク
6 社長に会わなくてもコピー機を売る方法
7 電話のマイラインを簡単に自社に切り替える方法
8 リフォームの契約が面白いように取れる方法
9 チラシ作成のポイント
10 証券営業に使える訪問の仕方
11 飛び込み訪問に使える営業テクニック(保険営業編
■テレアポ編
■飛び込み訪問編、その@
■飛び込み訪問編、そのA
■飛び込み訪問編、そのB
■「インターホン」で断られてしまう時の対処の仕方
12 飛び込み訪問に使える「コツ」(人間心理学編
13 留守宅の家人に会える飛び込み訪問の「コツ
14 飛び込み訪問に使える営業テクニック(ソーラー編)
15 個人宅のインターホンを攻略する営業テクニック
16 保険営業にも使える「新しい営業フォロー」の仕方


このように初心者の方でも最初の1件で、飛び込み訪問に成功するためのノウハウを凝縮して作成したスキルアップ教材です。

そして、このスキルアップ教材が本物かどうかは、今まで説明して来た内容をご覧頂ければお分かりになると自信持っております。

皆さんにもわたしが持っている全ての「ノウハウ」を教えたい所なんですが、 私がここまで築き上げてきた「ノウハウ」は大変な時間と努力と気力、そして人生の情熱をかけてきた貴重なノウハウですので、同じ営業に苦労している方に特別に「営業スキルアップ教材」として作成した『集大成版』を、ご提供したいと思います。

■これだけの特典が付いて「営業スキルアップ教材」の購入価格は、
 新規件数が増える“秘訣”が入って、 ※こちらからお申込み出来ます。 ■営業スキルアップ教材:特別価格「24,800円」です。
郵送料/小冊子他、5年間のサポートメールが入っての値段です。

       ↓↓↓
   
新規開拓をしても思うような結果が出ていない営業マンのために、11月30日まで期間を延長して営業支援を継続することにしました

あなたの仕事内容に特化した、
専用の営業スキルアップ教材価格「24,800円」のところを、

▼営業支援価格「18,600円」で提供します。
今回の支援価格は「11月30日」(金)まで延長しますが、受付けた順番にてスキルアップ教材を郵送しますので、早めに受け取りたい方は期限前にお申込み下さい。

■なお、今回お申込み出来る人数は「12名」とします。
※申込人数に達した時点で支援価格は終了となりますので、お早めにお申込みください。

      
“営業スキルアップ教材”への《 お申し込み 》は、こちらです。 
   特定商法取引法/個人情報保護法


▼詳しくは
こちらの商品情報に掲載されてますので、どうぞご覧下さい。

また、飛び込み訪問をしなくてはならないのは分かっていても、実際に廻ろうとするとうまく出来ないと言う方のために、

飛び込み訪問を確実に実行する方法 も「スキルアップ教材」の中に入っておりますので、あなたを助けてくれる貴重な存在になります。

詳しい内容は商品情報をご覧ください。
自信持ってお勧め致します。

     



バナースペース

営業促進ビジネス事業部

〒982-0011
宮城県仙台市太白区長町5-9-10-1206

TEL 090-5830-3567